選ぶポイントを紹介

タイヤ

最近アルミホイールを変えたいと思っても高くて買えないと思う方が多くいます。原油高の影響によってアルミ材料が高くなっています。
アルミホイールを新しく買おうと思うと高くついちゃうので、中古アルミホイールが最適です。中古だから、傷がついて嫌だとか汚れているから嫌とかと思う方もいますし、アルミホイール選びを失敗させてしまうとバイク事故に繋がってしまう危険性もあるのでしっかりと選ばないといけません。中古アルミホイール選びはいくつかのポイントがあるので知っておきましょう。一つはバランスです。バランスを確認して極端に狂っている中古アルミホイールは買わないようにしましょう。次に歪みです。バランス確認するときには、真円になっているか確認しましょう。ぱっと見綺麗な中古アルミホイールでもバランサーで確認してみるとゆがんでいることもあります。この歪みが大きくなっているとバランスが悪く、走行中ぶれてしまうので外れて事故に繋がってしまう可能性があります。
次に接合部のシールを確認しましょう。2ピースや3ピースのアルミホイールになると接合部分のシール材が剥がれてたり、劣化したりしています。ホイールの状態にもよりますが、劣化している部分から空気が漏れてしまうことも考えられます。中古の中でも古くなっているアルミホイールに良くあることなのでよく確認しておく必要があります。
最後にバルブをチェックしましょう。金属製だとシール用のゴムが劣化していることもあり、空気漏れの原因になります。また金属バルブの交換が高額になるので気をつけましょう。

オススメ記事

Copyright© 2017 アウディを買取してもらう前にチェック!カーライフのススメ All Rights Reserved.